TOKYOBAY SEABASS SHORE GAME 2019.08

めちゃくちゃ忙しい中、仕事を放って22時ころいつものお台場界隈へ。
週末とは言え港湾は厳しいシーズンでガラガラ。

 

今年のバチシーズンは多忙で数回の釣行。
しかし、釣れたのはミニサイズばかりで、楽しいけど不満の残ることが多かった。

 

で、夏パターンと言えば、護岸かゴロタ。
カニやハゼを狙ってフィーディングしているシーバスを狙いうち。

 

が、連日の猛暑で水の色は悪く、少しでも潮の当たる場所や水質の良いところを探しながらランガン。

 

護岸はCD7やスキャッターラップ、スーサンでジャークを入れながらのテクトロ。
フォローでミニエント。

 

一通り護岸を往復するも無反応。ゴミと茶色の水でコンディションは悪い。

 

次いでゴロタ場を歩きながらスキャッターをブレイクを斜めに引いてくる、と抑え込むようなアタリ。

根掛かりを想定してゆっくり合わせると、ぐいっと魚の反応。

合わせ不足か、すぐフックアウト。。。涙

 

気を取り直し、少し移動し、橋脚明暗とゴロタのブレイク。
波も当たり良い感じ。

 

スキャッターをミディアムスピードで引いてくると、岸際3mくらいでズンっとルアーが止まる。
しっかりいなして、65㎝サイズをゲット!

 

狙った釣り方と久々のスズキサイズでメチャメチャ嬉しい!!

 

夏場は30m以内のショートゲームが多いので、好きなシーズンの一つ。

 

その後は何もなく、24時すぎ撤収。

GUIDE SERVICE

フィッシフィッシングガイドサービス
もっと釣りがうまくなりたい!誰に聞いていいかわからない!を解決。
その釣り場の独特のパターンやフィールドをガイドから学ぶ。