TOKYOBAY SEABASS SHORE GAME 2019.10

ロケや動画編集など諸々が忙しく、釣りに中々いけてないという本末転倒な感じだけど、タイミングが合いいつものお台場界隈に出撃。

 

大潮の下げ2分くらい。
秋のシーズン開幕しているのかと思いきや誰もおらず、嫌な予感。。。

 

護岸をテクトロしながら、目指すポイントへ移動。
昔はひと流しで多いときは6回くらいヒットしたものだが、最近は魚の量が減ったのか、護岸整備で手前には着かなくなったのか、ノーバイトがほとんど。

 

取り敢えず、保険の1匹を獲るため、ワンドへ。
干潮になると水もなくなるが、水位がある場合はベイトを食べにくるシーバスやキビレ、クロが数匹入っていることが多いポイント。

 

やる気があるだけに、1~2投で結果のでるチートポイント。
そんなポイントだけにルアーは何でもい感じだけど、いつもCD7かスキャッターで狙う。

 

今日はスキャッター。
1投目。
まずは最奥まで入れず、手前を打つ。
が、無反応。

 

2投目。
やや奥へ入れてみるも、反応なし。

 

3投目。
最奥はかなり浅く、根掛かってしまい、魚を散らしてしまうリスクがあるが、リスクを承知のラストキャスト。

 

着水後、すぐさまリーリング開始でゴツっと抑える感じのアタリ。
一瞬根掛かりかと思い、念のため合わせるとヒット!!

 

水位も下がっているので、タもがなかなか届かずランディングに苦戦(涙

 

フックは良いところに刺さっているようなので、タモにフックをひっかけて、そのまま引き上げキャッチ。

 

50オーバーのシーバス。

 

その後、目ぼしいポイントを回るも、何も起きず、終了。
チートポイントに助けられた。

 

ここら辺は6年くらい通っているが、護岸整備や橋脚補修工事などの影響なのか、年々簡単には釣れなくなってきている。
11月の半ばに差し掛かるともうシーズンオフなので、ラスト1か月の秋爆を期待。
あと何回行けるかなぁ。